サイトの概要をここに入力してください。

鈑金・塗装

塗装ブースに入っているBMW

他社と違う!
AQUA STYLEの
鈑金塗装

鈑金は鈑金工に、
塗装は塗装工に。

文字通り、鈑金と塗装は大きく分けると2つの工程で仕上げます。
仕上がりを重視するなら鈑金は鈑金工、塗装は塗装工に任せて施工するのが当たり前とAQUA STYLEは考えています。
理由は単純明快で、その道一筋で生きてきた本物の専門職には及ばないからです。
鈑金と塗装、一人で掛け持ちし両方仕上げる工場も有りますが、残念ながらクオリティが至っていないのが現実のようで、
それ故に下記のような仕上がりに対しての不満を経験した方もいらっしゃると思います

  • 色が違う
  • 艶がない
  • なんかボコボコしている

お店にクレームを言っても上手い言い訳をされて泣き寝入りするしかなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

AQUA STYLEでは鈑金は鈑金工、塗装は塗装工が行います。「修理だから仕方ない!」という事は言いたくありません。
事故をする前の99%復元を念頭にお客様にお車をお返ししたい!
「私は本当に車をぶつけたのか?」と、錯覚なさる程の仕上がりにしてみせます。

輸入車の鈑金には
自信があります

輸入車の修理ができる鈑金工場は少ない

鈑金(キズ・ヘコミ修理)をする際に部品や塗料が必要になりますが、
素材や部品、塗料は車種によって違います。
輸入車は特殊な素材や塗料が必要となり、さらに修理にも高度な技術が要求されます。
そのため輸入車の鈑金・塗装は受けていない工場が非常に多いのが現状です。

AQUA STYLEは輸入車用の塗料やパテ、部品を取り揃えており修理実績も豊富です。

AQUA STYLEには
輸入車修理専用の設備がある

輸入車の修理を受けていたとしても、輸入車専用の設備を持っている工場はそう多くありません。

AQUA STYLEは輸入車専用の最新設備を所有しており、修理実績も豊富です。

  • 塗装ブースに入っているBMW
  • フロンガス全自動回収再生充填装置
  • スポット溶接機

大型車の鈑金も
実績があります

大型車の鈑金には多数の実績

AQUA STYLEは大型車の鈑金も承っております。

鈑金作業シーン

スクラッチシールドの
施工も承ります

日産自動車が行う日産一級資格試験の合格者である小宮 尚也に贈られた資格認定証

AQUA STYLEでは最高の施工技術・知識で、専用副資材が必要な日産系の一部のお車に設置されている新時代トップコートの 「スクラッチシールド」も難なく施工致します。
施工経験100台以上あります!

色・塗肌へのこだわりは当たり前で、ゴミ・ブツ取りまでも徹底して行います。
新車オリジナルの色感・艶・肌での納車をお約束致します。こだわりのお客様もきっと満足して頂けると思います!
小さな傷、凹み~要フレーム修正の大損傷まで対応致します。

スクラッチシールドは施工取扱い店が少ない

大抵の工場ではノーマルクリヤーで施工していると思います。
スクラッチシールドを取り扱っている工場はあまりなく、依頼をしても殆どの町工場では施工を断られます。
粗悪な工場では、お客様にスクラッチで施工しますと伝えながら、ノーマルクリアーで施工している工場も存在しているみたいです。

スクラッチは特殊な柔らかいクリヤーなので、ノーマルクリヤーと全く別物なのです。
濃色のお車を洗車機に入れても細かい傷が入らないスクラッチに対して、ノーマルクリヤーは細かい擦り傷が・・・、
一発でお客様にばれますね。

ニーズに合った提案と
無料見積もり

昨今は殆どのお客様が車両保険に加入されているので、修理金額はあまり気にされていないお客様が多数だと思いますが、保険を使うか、使わないか悩む損傷事故も有りますよね?
そのような場合でもお気軽にご相談下さい!お客様の立場でアドバイス致します。

AQUA STYLEでは金額も明確で安心してお見積書を作成、ご説明出来ます。お安くする事は有っても、高くなる事はありません!

保険を使うか、使わないか。
状況と予算に合わせ提案します

保険を使うから100%完璧に!のお客様には新品完璧修理を。
保険を使わないので出来るだけ安く!のお客様はリサイクルパーツ・リビルトパーツを使用した修理を。

お客様のニーズに合ったプランを複数提案させて頂き、どなたにでも分かり易く丁寧な説明責任を全うします。

リサイクルパーツ・リビルトパーツも
取り扱っています

出来るだけ安く!のご要望にはリサイクルパーツ、リビルトパーツもご提案できます。
保証内容や部品の状態などをわかりやすくご説明いたします。

鈑金塗装の流れ

損傷状況の確認・取り外し・分解

修理箇所を見落とさないよう損傷状況を確認し、車体から取り外して分解します。

01
様々な工具類が並ぶ

鈑金作業

破損部分の鉄板を引っ張ったり圧したり叩き出したりと、元の状態に近づけます。 凸凹を埋めて平らにし、形を修復していきます。

02
鈑金作業シーン

色合わせ・下塗り・マスキング・塗装

車体に合わせて塗料の色を調整します。艶を出すための下塗りをしっかり施し、塗装箇所以外に塗装が付着しないようマスキングした上で塗装します。

03
鈑金作業シーン

乾燥・磨き

十分に乾燥をさせて塗膜の硬度を高めます。
乾燥したら、車体の色が統一になるように磨きます

04
乾燥後、磨き作業を行う。

組み付け・点検

修理した部品を取り付け、正常に機能するかどうかを点検します。

05
部品の組み付け作業

お引き渡し

お客様に修理箇所と作業内容を説明し、お車の状態を確認していただきます。 修理保証書をお渡しし、お車をお返しします。

06
お引渡しイメージ

鈑金塗装/キズ・ヘコミ修理のよくある質問

自動車保険を利用すべきですか?
修理費用によります。
まずはお見積りをご案内し、免責額や翌年以降の保険料の増額などを考慮しながら、お客様にとって最善な方法をご提案します。
リサイクルパーツ(中古部品)とはなんですか? また、使用することのメリット・デメリットについて教えてください

使用済車両から再利用できる部品を取り外し、機能や安全性を確かめる点検をした上で、クリーニングや修繕を施した中古部品のことです。

細かなキズやヘコミはすぐに修理すべきでしょうか?
キズが鉄板まで達していると錆びて穴があくこともありますので、早めの修理をおすすめします。
ただし、修理部品の色合わせや作業の工程が一度ですむため、まとめて修理した方が費用をおさえられる場合もあります。
故障した車を引き取りにきてもらえますか?

はい。AQUA STYLEまでご連絡ください。

お支払い方法

各種お支払い方法をご用意しております。

VISA
master
JCB
Diners Club
AMERICAN EXPRESS
銀聯カード
PayPay
d払い
auPAY
Rakuten pay